【ORASシングルS15使用構築】一騎当千ガブギャラニンフ【最高最終レート2205】

 お久しぶりです。ルッソです。今期もなんとかレート2200を達成できたということで、構築の紹介をさせていただきます。前期使用していたものとベースは同じですので、変わった所だけ見たいという方は後述のバシャーモヒードランの箇所を見ていただけると幸いです。

f:id:russo_blaziken:20160517181426j:image

 
【使用パーティ】
f:id:russo_blaziken:20160517181441p:image
   今期はシーズンの前半に諸事情で潜れず、机上論で考えていたパーティも全く勝てなかったため前期のパーティをベースにレートに潜り始めました。前期使用していたラムナットレイは耐久に振った催眠ゲンガーが増えたことから解雇しました。対アローやマンムー、フェアリー勢となれるポケモンはいないかと考えていた所日頃より仲良くしていただいているポケ勢の方から風船ヒードランの案をいただき、これが非常にうまくはまりました。また、対面厨パの数が減ってクレセリアカバルドンの入ったパーティが増えていてメガバシャーモがかなり動かしづらくなっていたので、エースのストッパーをボルトに一任しているパーティや、害悪構築により強くなり、選出を柔軟にこなせるラムバシャーモに変更しました。タイトルに関してですが、クレセやカバの増加から多くの試合でガブギャラニンフの選出をしていたためこのようにさせていただきました。それでは個別紹介に入っていきます。
 
【個別紹介】※実数値はメガ前

f:id:russo_blaziken:20151117175740g:plain

ガブリアス@ヤチェの実
 
性格 陽気
 
特性 鮫肌
 
実数値 197(108)-151(4)-133(140)-×-106(4)-169(252)

 

技構成 地震/岩石封じ/毒々/ステルスロック
 
   いつもの始動要員。ガルーラ入りにはほとんどこの子から入ります。この手のポケモンの宿命ですが、明らかに前期より凍っていて心穏やかではいられませんでした。今期は襷よりも弱点保険ギルガルドをよく見かけたので初手は地震からではなくステロから入っていました。もっといい調整があるかもしれませんが、調整力がないのでいつまでもこの型を使っています。
 
バシャーモ@ラムの実

f:id:russo_blaziken:20160517145343g:plain

性格   意地っ張り
 
特性   加速
 
実数値   159(28)-189(252)-91(4)-×-91(4)-128(220)
 
技構成   フレアドライブ/飛び膝蹴り/剣の舞/守る
 
   今期は対面厨パが減ってクレセやカバ入りが増えていてメガバシャーモをほとんど出せなかったため、ラムの実を持たせることでボルトをストッパーとしてるパーティと、害悪構築に対するイージーウィンを狙いました。他のエースとの同時選出もしやすくなったので正解だったと思っています。
 
ニンフィア@オボンの実

f:id:russo_blaziken:20151117182520g:plain

性格 控えめ
 
 
実数値 200(236)-×-113(220)-144(4)-152(12)-85(36)
 
技構成 ハイパーボイス/欠伸/身代わり/バトンタッチ
 
   前期に引き続きオボンニンフィア。この手の構築ならオボン以外ありえないと思うくらいパーティに合っています。ほぼ全試合で選出していました。この構築が勝てるかはこの子が如何に痺れないかに依るところが大きいです。
 

f:id:russo_blaziken:20151117185216g:plain

性格 意地っ張り
 
特性 威嚇→型破り
 
実数値 175(36)-194(252)-100(4)-×-121(4)-128(212)
 
技構成 アクアテール/噛み砕く/氷の牙/龍の舞
 
   いつものカバやクレセ入りに出していくエース。今期は物理耐久に厚いガルーラや、キノガッサが増加していてメガギャラにとって厳しい環境になっていました。また、一定数いたカムラボルトも厳しく動かしづらかったです。それでも最も選出したエースであり、2200達成の立役者。
 

f:id:russo_blaziken:20160119150747j:plain

性格 意地っ張り
 
特性 威嚇→スカイスキン
 
実数値 185(116)-189(132)-101(4)-×-101(4)-152(252)
 
技構成 恩返し/ドラゴンクロー/龍の舞/羽休め
 
   今期はクレセリアが非常に多く、当初は受け出しを許さないためにAに厚めに割いた捨て身採用の型も試してみましたが、耐久に振ったマンダの汎用性で勝てる試合の方が多かったため、後半は前期と同じ型で潜っていました。耐久電気ポケモンにドラゴンクローがミリ耐えされることが多々あるので当てる自信があればドラゴンダイブもありだと思っています。
 

f:id:russo_blaziken:20160517145655g:plain

性格   臆病
 
特性   貰い火
 
実数値   197(244)-×-126(12)-150-126-141(252)   ※非理想個体
 
技構成   火炎放射/鬼火/ステルスロック/吠える
 
   自慢の風船ドラン。初手ガブから入りづらいパーティの多くに初手で出していくことが出来て、この子のおかげでクチート軸とマンダ軸にかなり安定して戦えるようになりました。鬼火を入れて裏の積みの起点にしていく動きの幅も出来てこの選択は正解でした。猫地震ガルーラにあっさり倒されるのでガルーラ入りへの選出は極力避けた方がいいです。ステロ吠えるドランは全く考慮されず、初手で掻き回せた試合も少なくありませんでした。攻撃技が火炎放射なのは外しが嫌なだけなので、オーバーヒートにした方が強いと思います。
 
【補足】
   今期はメガガルーラガブリアスゲンガーのような構築が多く、相手のガルクレセガッサ選出が重いままレートに潜ったのは失敗でした。一応対策案としては1つ思いついたのですが気付くのが遅すぎて実行する時間が足りていなかったので、来期以降に繋げていきたいです。また、メガバシャとナットレイが抜けたことでスイクンも重くなっています。今期は僕が前期使っていた構築を使っていただいているという話をよく聞いて、とてもうれしかったです。同じベースの構築で2期連続で2200を達成できたということで強い軸であるということを証明できたのではないかと思っています。風船ドランの案をいただいたよりめ(@)さんにはこの場で感謝を述べさせていただます。質問や指摘、アドバイス等あれば@までお願いします。今期対戦していただいた方はありがとうございました。それでは今回はここで失礼します。ここまで読んでいただきありがとうございました。

f:id:russo_blaziken:20160517153238p:plain