読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョウトオープン考察

   こんにちは。ルッソです。ジョウトオープンという公式の大会があるそうで、少し前に行われたカントークラシックが傍から見ていてとても楽しそうだったので、今回は僕も参加したいと考えつつこの記事を書いています。レギュレーションはこちら。以下公式より引用しています。

f:id:russo_blaziken:20160508093415j:image
■開催期間
2016年5月27日(金)9:00~30日(月)8:59
 
■エントリー期間
2016年5月19日(木)14:00~27日(金)8:59
 
■対戦ルール
【バトル形式】シングルバトル
 
【使用できるポケモン全国図鑑No.001~251のポケモン
ただし、ミュウツー、ミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィを除く。
 
3DSダウンロードソフト『ポケムーバー』を使って、DSソフト『ポケットモンスターブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2』から連れてきたポケモンを、そのまま使用することができます。
 
【バトルボックスに登録するポケモン】レベル1~100までのポケモン3~6匹
※レベル50を超えるポケモンは、対戦時に自動的にレベル50になります。
 
【どうぐについて】
この大会では、ポケモンに各種メガストーンを持たせることができません。
 
【1試合の対戦時間】最大30分
【対戦に出すポケモンの選択時間】90秒
【1ターンあたりの選択時間】60秒
【1日あたりの対戦可能回数】15戦
 
   ということで、普段のORASリーグとは完全に別環境で対戦ができるということでとても楽しみです。ここからは今回のルールで活躍できそうなポケモンをピックアップしてみます。また、この記事を書いてる人はポケモンの知識が乏しいので情報が抜けていたり、間違っていたりするかもしれませんので、その時はご指摘をいただけると助かります。以下文体が常体になります。
 

フシギバナフシギバナ:HDに割いて雨対策としてあり。マリルリにも強く、めざ炎を持たせればハッサムの起点にもならない。

ピカチュウピカチュウ♂:正直ライチュウでいいが、多くの水ポケモンは上から倒せるので愛のある方は採用もあり。
ライチュウライチュウ:アンコールやほっぺすりすりなどの小技を覚える。気合玉と草結びを覚えるので悪巧みアタッカーとしても十分採用可能。ライコウを持ってない方は是非。
ニドクインニドクイン:元祖技のデパート。耐久がそれなりにあるのでステロを持たせるのもあり。正直アタッカーとしてだけであればニドキングでいいと思っている。
ニドキングニドキング:上に同じ。このポケモンに全員倒されるようなパーティにならないよう注意が必要。
ピクシーピクシー:要注意ポケモン。技範囲が広く、アタッカーやステロ役としても活躍できるが、最も警戒すべきは小さくなる型。こいつのおかげで相対的にハッサムやゲンガー、ニドキングの使用率が上がる。こいつに負けるのは精神衛生面にも良くないので厚すぎるくらいにして損は無い。
キュウコンキュウコン:晴れパの軸。単体でも悪巧みアタッカーとして十分に活躍できて、むしろそっちのほうが多いと考えている。疑似的に雨のストッパーとなれる点も評価できる。
モルフォンモルフォンカントービビヨン。眠り粉から蝶舞バトンが出来る。ミラクルスキンとかいう特性で相手の補助技の命中を50%にするらしい。
ダグトリオダグトリオ:Sの早いステロ撒き。プテラでいい気もするがライコウをより強く意識するならダグトリオ
ウインディウインディ:正直アタッカーとしてはクラウンエンテイでいいので、使うなら威嚇と鬼火を組み合わせた物理受け。どうしてもアタッカーで使いたければワイルドボルトで水ポケモンを役割破壊したい。
フーディンフーディン:高速特殊アタッカーとして重宝される。ORAS環境におけるメガフーディンのように起点作成役としても活躍できそう。
カイリキーカイリキー:今大会で準必須と思っている格闘枠として採用可能。基本的にはノーガードでの採用になるが、スイクンが憎ければ根性もあり。
ゴローニャゴローニャ:ロッカ弱保はロマン。過去作が使えるので不意打ちが使えるらしいが、正直使用率は低いと思う。
ヤドランヤドラン:優秀な物理受けポケモン。トリル始動役もこなせる。技範囲が広いのでパーティに合わせて誘うポケモンを役割破壊できる。
レアコイルレアコイル:零度スイクン絶対に許さないマン。火力も申し分なく、交換読みで電磁浮遊を使うことでサイクル有利にも出来る。
ベトベトンベトベトン:それなりに耐久があり、小さくなる戦術もあるが正直ピクシーでやればいい。毒々が効かないのでそれを崩しに頼っているパーティには刺さる。
パルシェンパルシェン:これもトップメタポケモンカイリューの前で破って全抜きをし返せる。受けポケモンも怯みで突破される可能性がある恐ろしいポケモンなのでできるだけ破らせたくない。
ゲンガーゲンガー:メガ進化こそないものの、ピクシー対策として重宝され、1:1交換能力はやはり素晴らしい。ハメ系統のパーティに刺せる滅びの歌も有用。
マルマインマルマイン:害悪系統のボルトロスの役割を任せられる。基本的にはラム持ちをぶつけて対策したいが、そこまで個体数はいないと考えている。
ナッシーナッシー:晴れパのアタッカーとして採用できる。実はトリルも打てる。弱点があまりにも多いので使用率は低いと踏んでいる。
ガラガラガラガラ:太い骨を持つことで今大会最高クラスの物理アタッカーになる。加速バトンが出来ないので現実的にはトリルか追い風での運用になりそう。
サイドンサイドン:輝石を持つと物理耐久がおかしいことになる。ただ弱点は多いのでそこまでの驚異ではなさそう。水ポケモンが誘う電気タイプに出して相手のサイクルを崩したい。
ラッキーラッキー:このポケモンも耐久がおかしい。小さくなるをされると面倒なので格闘枠で迅速に処理したい。レイクン対策でSに振って身代わりを持った個体が多そう。輝石が余っていなくてハピで代用する人も多いと思う。一応ステロも覚えるが技スペが足らない。
モンジャラモンジャラ:輝石を持つことで物理耐久の鬼になる。眠り粉がかなり一貫する環境になると思っているので相手にすると厄介。しかしハッサムやムドーの対策のついでに焼かれるのを考えると、輝石は他のポケモンに渡したい所ではある。
ガルーラガルーラ:メガ石見つけてから出直してこい。
アズマオウアズマオウ:電気の効かない水ポケモン。処理に手間取ると角ドリルの思考回数を稼がれるので迅速に処理したい所だが、正直使用率は低いと思うので、相手の選出画面にいたら隙を見せない選出をするくらいの考えでいい。こいつでスイクンは見れないので注意。
スターミースターミー:特殊アタッカー、小さくなるエース、壁要因と幅広く活躍できる。特性も自然回復なので上から1回縮まれるのは割り切って倒しに行きたい。ラス1にすればスイクンを完全に起点に出来る点は魅力。トリックも覚えるので輝石持ちは注意。ジョウトオープンはトリックや叩き落とすの一貫性が非常に高いのでうまく使っていきたい。
ストライクストライクハッサムと合計種族値が同じなのに輝石を持てるずるいポケモン。輝石を持たなくても燕返しで格闘枠の対策になる。カウンターや追い風など面白い技も覚える。ぶっちゃけハッサムの方が活躍の場は多いと思う。
ルージュラルージュラ:悪魔のキッスからの悪巧みという恐ろしいコンボができる。CSがそこそこ高いのもいやらしい。ただ現実にはゲンガーやハッサム、ハピラキなどで自然と対策されている。なんと乾燥肌で水技が効かない。
ケンタロスケンタロス:かつての最強ポケモン。威嚇や力づくといった優秀な特性があるのでアタッカーとして使うのもありではある。初代ポケモンあるあるだが技範囲が凄まじい。
ギャラドスギャラドス:竜舞アタッカーとしても、物理受けとしても活躍できる。個人的には大文字を入れてカイリューハッサムをまとめて見たい。圧倒的な火力は出せないので輝石持ちを突破するのは難しいと考えている。
ラプラスラプラス:零度スイクンに再び立場を取られた悲しい子。フリドラが環境にかなり刺さっているので活躍の場は十分にあると考えている。トノグドラのストッパーにもなる。
メタモンメタモン:積みエースや雨エースのストッパーとして多くの構築に入れることが出来る。ヤミカラスマルマインを絡めた害悪構築も一定数いると考えている。
シャワーズシャワーズ:耐久水としては他に優秀なポケモンがいくらでもいるので採用しづらいが、溶けるバトンによってピクシーを要塞に出来る。
サンダースサンダース:今大会屈指のSを持ち、多くの水ポケモンに強い。不利なポケモンを欠伸で流せるのがライコウとの差なので採用する場合はうまく使いたい。
ブースターブースターエンテイがいるのでお留守番。可愛い。
オムスターオムスター:雨エースとして有用。殻を破るによって圧倒的な火力を出せるのと、雨が止んだ後も戦えるのが魅力。
カブトプスカブトプス:こちらも雨エースとして採用可能。他の雨エースとの差は物理アタッカーであり、アクアジェットを打てること。エッジと馬鹿力を覚えるのである程度の技範囲は取れる。
プテラプテラ:高速サポートポケモン。ステロ追い風によって後続のエースに繋げる。上から挑発を打って相手の展開系を止められるのと、ヘラクロスに強いのが魅力。
カビゴンカビゴン:その飛び抜けたHADによってカントークラシックではトップメタだったらしい。積み技か格闘タイプで押していきたいが、悠長に積めるほど優しい火力ではないので、しっかり対策しておきたい。免疫の場合は毒が入らないので注意。
フリーザフリーザー:高い特殊耐久とフリドラによって雨対策になり得る。逆に雨パに入れても暴風で活躍できる。絶対零度はあるものの、弱点の多いポケモンなのでそこまでは困らなさそう。
サンダーサンダー:物理受け、アタッカーとして採用できる。広い技範囲と毒羽によってパーティの補完となってくれる。過去作産が使えるのでエアカッターでヘラクロスを狩れる。特殊受けとしての仕事は薄そう。
ファイヤーファイヤー:暴風による雨エースとしてあり。雨のストッパーの多くは水タイプか数値受けだと予想されるのでそこまでの活躍は出来なさそう。
カイリューカイリュー:トップメタポケモン。竜舞エース。鉢巻アタッカー。特殊雨エース等幅広く活躍できる。個人的には弱点保険を持たせて大暴れさせたい。パルシェンやピクシー、輝石持ち物理受けで止めに行きたい。
   オーダイルオーダイル:珠力づく竜舞型は考えられるが、マリやムドーなどのメジャーポケモンで簡単に止まるので弱そう。
  クロバットクロバット:足は早いしそれなりに器用なのでサポートとして無くはなさそう。ヘラクロスをワンキル出来るのとピクシーに強いのが偉い。今大会屈指のSの持ち主。
  ランターンランターン:強くはないが弱くもない。強力な電気アタッカーがあまりいないので貯水も一考。水枠をこのポケモンに割くかと言われると微妙。
  マリルリマリルリ:強い、対策必須であるトノグドラのストッパー足り得る上に腹太鼓や滅びの歌、チョッキなどで様々な役割を持たせることが出来そう。ソーナンスと組ませても太鼓か滅びか分からないのが楽しそう。
  ニョロトノニョロトノ:雨始動役。アンコや滅びなど器用な技を覚えるし、ピンでアタッカーとして使うのも充分ありだと思う。
  ヌオーヌオー:特製天然でカイリューハッサムのストッパー役として重宝されそう。特にハッサムはピクシーで止めるには技スペや数値が足らないのでハッサムを止めたければヌオーの方が適任。貯水もなくはない。カウンターやまとわりつく、アンコールなど面白い技を覚える。
   エーフィエーフィ:マジミラが強い。アタッカーでも瞑想でも壁でもバトンでもあり。展開系の構築にはパーティにこのポケモンを入れるだけで躊躇させられる。朝の日差しは雨で効果半減なので注意。可愛い。
   ブラッキーブラッキー:正直物理受けならムドーでいいので別の役割を考えたい。個人的には欠伸展開を任せたい。可愛い。
   ヤミカラスヤミカラス:初めて知ったが悪戯心らしい。メタモンと組ませて害悪ギミックを仕込むのが強いと思う。
   ヤドキングヤドキング:雨のストッパーとしてなくはない。基本的には特殊受け版のヤドランだが悪巧みを使えるのでアタッカーとしてもありだとは思う。
   ムウマムウマ:輝石を持ってサポート役としてあり。鬼火電磁波に加え、滅びの歌も覚えるので痒いところに手が届きそう。ただパーティで輝石の取り合いが起こるのは目に見えてるのでこのポケモンに割くかと言われると微妙。
   ソーナンスソーナンス:1:1交換の鬼。起点作成、滅びギミックとして組み込める。ただメガゲンガーは使えないので滅びパとしては本来の強さは出ない。
   ハガネールハガネール種族値が予想以外にあって驚いた。強力な水タイプが多い分動きづらくはあるが、それらの対策として個体数のいそうなライコウに圧倒的に強い。ただみがまもでPPを枯らしに来られると面倒そうである。特性も頑丈、力づく、石頭と優秀。
   グランブルグランブル:威嚇持ちで技範囲は優秀だが、正直ピクシーやマリルリを採用すればいい。
   ハッサムハッサム:個人的にはトップメタになると思ってる。カイリューと組み合わせての積み展開は1つの形として多いと思う。スイクンの個体数が多いことが予想されるので安定はラムの実だと思う。こいつを迅速に処理するためにパーティに炎技は必須だと思う。
   ツボツボツボツボ:起点役として最も優秀な1匹。ステロ、ネバネバネット、アンコールなど確実に仕事が出来る。メガのパワーがない以上こいつを迅速に処理するのは困難を極めるので挑発やマジミラがあると良さそう。正直僕の評価ほど個体数はいないと思う。
   ヘラクロスヘラクロス:メガ進化こそできないものの、強力な物理アタッカーとして活躍出来る。特性も根性と自信過剰とあるが、どちらも有用。雨パに組み込まれるとスペック以上の活躍ができそう。多くの輝石ポケモンに強いので使う際には対策必須。
   リングマリングマ:A種族値130もあるらしい。特性も根性であり、玄人臭がする。技範囲も広くとても強そうだが、Sが遅いので使うならトリルアタッカーか。
   イノムーイノムー:ステロ役として優秀で、カイリューライコウのストッパーにもなるが、強力な水タイプや、ハッサムの餌なのでORAS環境におけるマンムーほどの活躍は見込めそうにない。ピクシーに怨みがあり、レイクンを持ってない方は地割れするのもあり。
   オクタンオクタンジョウトオニゴーリ。一撃技はないものの、技範囲が広いのでパーティに合わせて選択可能。
   エアームドエアームド:物理受けとしては最高クラス。ステロ吹き飛ばしも出来て、こいつをパーティに入れるだけで相手の選出を読みやすくなると思う。HDに割いてレイクンに対する駒にするのもあり。
   ヘルガーヘルガー:このルールにおいてはハッサム、ムドーに対する駒として重宝しそう。道連れやカウンター、不意打ち、悪巧みなど多彩な技を覚えるのでORAS環境より活躍が見込めると思っている。
   キングドラキングドラ:雨エース。ジョウトオープンの中では上から制圧するポケモン筆頭なので対策は必須。しかしハピラキやマリルリなどきついポケモンもいるのでそれに対するメタも必要。
   ドンファンドンファン:頑丈によるステロ要因として優秀。覚える技が多彩なのでアタッカーとしての運用も十分ありだと思う。
   ポリゴン2ポリゴン2:これもトップメタポケモン。振り方や技構成によって受け先を決められるうえに耐久が非常に高いので格闘枠や毒々、積み技などで対策必須。
   ドーブルドーブルメガガルーラがいなくなり暴れること間違いなしポケモン。正直このポケモンより遅いポケモンは使いたくないレベル。基本的にはダクホor胞子からの積み技+バトンになってくる。挑発や連続技、吠えるなどでしっかり対策したい。
   ミルタンクミルタンク:S種族値100からの多彩な技範囲で普通に強い。特性も肝っ玉でどことなくガルーラ臭がする。ステロも撒けるが使用率は低そう。
   ハピナスハピナス:特殊技の打てるラッキー。今ルールでは輝石の取り合いが予想されるのでラッキーの代わりに使う人は多そう。メガゲンガーがいないので持ち物は色々と考えられる。
   ライコウライコウジョウトオープンにおけるトップメタであるスイクンに対して非常に強い駒。耐久型のポケモンが増えることが予想されるのでノイコウが1番使われると思っている。めざ氷はカイリューくらいにしか打たないので必要性は薄め。
   エンテイエンテイ:帰ってきたクラウンエンテイ。多くの積みアタッカーに対して神速である程度のストッパーとなれる上に炎枠としての役割もこなせる。ライコウの所でも言ったが耐久型が多いことが予想されるのでノンテイもあり。
   スイクンスイクン:今大会最も警戒すべきポケモン。ポケ勢は零度スイクンが使えるだけで話題になる。このポケモンの存在だけでバンギラキムドーのような受けループが減ると思っている。このポケモンを迅速に処理できるポケモンをパーティ内に複数体用意したい。ジョウトオープンでは所謂ハメ系統のポケモンが強いと思っているので、吠えるを自然と入れられるスイクンはパーティに組み込みやすい。ミラーに比較的強いノイクンもかなりいると思われる。
   バンギラスf:id:russo_blaziken:20160508155741p:plain種族値の塊。メガ進化こそできないものの、圧倒的な数値で積みエースから起点作成役までパーティに合わせて様々な仕事を出来る。特性によって擬似的に雨のストッパーになれる。とはいえこのポケモンと殴りあえるポケモンがかなり自然にパーティに入ってくるので思った程の活躍はできないかもしれない。
 
【並び単位で意識すべきポケモン達】
 ・トノグドラ(トノスター、トノトプス)ニョロトノキングドラオムスターカブトプス
    言わずもがなのトップメタ。雨グドラを止められないパーティは勝てない。マリルリやポリ2、ハピラキ、HDフシギバナで対策。
 
   ステロ+積み技で全抜きを狙う。ピクシーはともかく、ヌオーはどうにもならないので特殊打点でしっかり対策したい。高耐久ポケモンや、積ませない選出が出来るようにしておきたい。個人的に弱保カイリューは天然ポケモンを考えなければ非常に強いと思っている。
 
・壁+積みエーススターミーライコウエーフィパルシェンギャラドスカイリュー
 基本的な動きは上と同じ。壁を盾に複数回積んで全抜きを狙う。対策を講じないと何もできずやられてしまうので天然持ちや吠えるで対策。
 
・バンギラキ(ハピ)ムドーf:id:russo_blaziken:20160508155741p:plainラッキーハピナスエアームド
   所謂受け回し系。強いとは思うがレイクンが笑顔で出てくるのでしっかり対策したい。両刀ポケモンや積み技で対策したい。これで詰むパーティは組みたくない。
 
・ヤミメタヤミカラスメタモン
   個人的に今大会最強クラスの並びだと思ってる。メタモンが多くの積みエースやグドラのストッパーになれるのがそもそも強い。身代わりハメ系統の並びやラム持ちで対策。
 
ドーブルバトンドーブルエーフィ
   これまたやりたいことを押し付けることにおいては最強の並び。身代わり持ちやラムハッサムで対策できる。1ターン目から回避上げてくるドーブルには土下座。
 
    潜ってみるまで環境が分からないので、強力なギミックをパーティに仕込んで勝ち筋を押し付けに行く方がレートを上げられると考えています。この記事を読んでジョウトオープンに少しでも興味を持っていただけると幸いです。ご指摘やアドバイス等あれば@までお願いします。それでは今回はここで失礼します。ここまで読んでいただきありがとうございました。