【単体考察】道連れギルガルド【バトンメガバシャ補完】

  こんにちは。ルッソです。今回はバトンタッチメガバシャーモを軸としたパーティに組み込まれやすいギルガルドの単体考察になります。
f:id:russo_blaziken:20160412153123p:image
性格:意地っ張り
155(156)-112(252)-171(4)-×-172(12)-91(84)
H:余り
A:ぶっぱ
BD:ダウンロード対策
S:2加速バトンで最速ジャローダ抜き
技構成:シャドクロ/聖剣/剣舞/道連れ
持ち物:ラムの実
   Sラインに関してはお好みで2加速でゲッコウガ抜きやメガゲンガー抜き、3加速でスカガブ抜きなどパーティや好みに合わせていいと思いますが、ここが最低ラインだと考えています。

    S14の終盤にガルクレセドランの数が増えている印象を受け、メガバシャーモ軸で確実に勝ちを拾うための並びとしてこの道連れ搭載型を考えました。選出としてはバトンメガバシャ+道連れガルド+瞑想スイクンを想定しています。動きとしては、
①メガバシャを受けるために相手がクレセを後出し
②こちらはギルガルドにバトンタッチ、相手の行動としては電磁波やサイキネ、釣り交換等が予想される
③クレセ対面ならばギルガルドはシャドクロ、相手の行動としては交換や、こちらの交換読み行動を考慮した居座りが予想される。
   ②で相手がメガ枠に釣り交換してきた場合は道連れ。ドランに釣り交換してきた場合はスイクンバック。

   クレセが居座り続けてギルガルドで突破出来れば裏のメガバシャを通すことができます(恐らくこのパターンは少ないですが)。相手が裏のメガ枠(ガルーラヘラクロス)に引いてきた場合道連れによってメガ枠を処理し、裏の瞑想スイクンで詰めていきます。ガルドクレセ対面でシャドクロを選択するのはブレードフォルムになっておくことで相手のメガ枠を道連れで処理しやすくするためです。持ち物がラムの実なのは、バトン際に電磁波が入って機能停止することを防ぐためです。ガルドの道連れはレートにおいてほとんど考慮されない技であるため、この動き自体は決まりやすいと思います。

   これだけ見ると強そうに見えますが、現実には相手のガブリアスと化身ボルトロスが非常に重たいです。ガブに関しては守る→バトンを比較的安定して選択できる陽気最速メガバシャを採用したり、裏で睨みを効かせたりすることで多少は緩和できるでしょうが、ボルトロスに関してはバシャスイクンを見ただけで選出される可能性が非常に高いです。また、前期の上位構築に組み込まれていた瞑想クレセが増加傾向にあると聞いているため、この並びとしては没としました。スイクンを瞑想めざ地ニンフィアにする案もありますが、相手の初手ガブやファイアローで壊滅するのでこちらも微妙な印象です。しかし、道連れガルドとバトンメガバシャの相性自体は非常に良いと考えていて、開拓の余地があると思うので興味を持っていただけた方は是非試してみてください。最後になりますが、この記事を書いてる人はこの時点でS15において1試合も潜っておらず、全て机上論ですので見当違いのことを書いているかもしれませんが、どうぞご容赦ください。
   それでは今回はここで失礼します。ここまで読んでいただきありがとうございました。