【単体考察】HAラムナットレイ【害悪対策】

   こんにちは。ルッソです。今回はメガバシャやメガマンダの相方として採用されやすいナットレイの単体考察になります。
f:id:russo_blaziken:20160202114405j:image
勇敢HA252振り、余りB
ジャイロ/タネガン/@2

   現環境においてはメガガルーラの炎技所持率が事故と言うには高すぎるのと、鉢巻ガブリアスが増加傾向であると感じたため、ゴツメによる物理受け、削り役ではなく勇敢HAのラムナットレイを考えました。今回のナットレイは所謂害悪構築に強い点と、前提としているエースが誘いやすいスイクンに比較的安定して強いことがメリットとして上げられます。技構成の@2の所はパーティに合わせてお好みで選んでください。
   まず、害悪構築に対しては先発に投げて殴るだけで安定して仕事が可能で、どれだけ威張られた後にメタモンが出てきてもナットレイの足が遅いことから前提としてるメガ枠で簡単に処理することができます。オニゴーリに対してもタネマシンガンによって安易な能力上昇を許しません。Aに振り切ることでCSメガゲンガーをジャイロボールでぴったり確1にする火力が実現できて、これにより増殖した催眠(鬼火)メガゲンガーを安定して返り討ちにすることが出来ます。(珠気合玉は低乱数で落ちます)化身ボルトにしっかり仕事するには叩き落とすも必要になります。 スイクンに対してもラムの実を盾に後出しして場を整えに行くことが出来ます。
   また、元々数値のあるポケモンですので上記の例のような型でなければ物理アタッカーの削り役としての仕事も可能です。具体的には、意地メガガルーラ地震を2耐えや強化アイテムなしのガブの地震を2耐えといった所です。
   ナットレイ自体が鬼火を誘いやすいポケモンでもありますので、ラムの実の発動機会は案外多いです。一応欠伸ループを切りに行くことも出来ますが、自身が起点になりやすいポケモンですのでストッパーは必要かと。技構成次第ではありますが、ステロや宿り木、電磁波等でエースの補助も出来るので汎用性を落とさずに環境にマッチした型だと思います。ナットレイを採用しようと思ってる方は是非ご検討ください。それでは今回はこれで失礼します。ここまで読んでいただきありがとうございました。