【ORASシングルS11使用構築】メガバシャーモ軸命中不安スタン【最高最終レート2110】

 初めまして!ルッソといいます。シーズン11お疲れさまでした。

 

f:id:russo_blaziken:20150915222037j:plain

 今期自身初のシングルレート2100を達成したので、記録として残します。初投稿で至らぬ点も多いと思いますが、読んでいただけると嬉しいです。

【使用パーティ】 

 f:id:russo_blaziken:20150915193701j:plain

 最強のメガ進化ポケモンであるメガガルーラに強く、最も信頼の厚いメガバシャーモから構築を始めました。メガバシャを止めるクレセやスイクン、ヤドランに強く、後続への負担も大きくかけられる眼鏡サザンを特殊アタッカーに据えて、残りで辛い所を塞ぎました。

 

【個別紹介】

f:id:russo_blaziken:20150915194522g:plain

バシャーモバシャーモナイト

性格 意地っ張り

特性 猛火→加速

実数値 161(44)-189(252)-91(4)-×-92(12)-125(196)

技構成 フレアドライブ/跳び膝蹴り/ストーンエッジ/守る

 古き良き3ウェポンメガバシャーモ。今回の構築のエースであり、唯一のメガ枠。前述の通り環境のトップにいるメガガルーラをはじめとする多くのメガ枠に対して強く、最も信頼の厚いポケモンの一匹ですが、化身ボルトの多さから動かしづらくはありました。しかし、削った相手への抜き性能は圧倒的で、選出誘導力も高く活躍してくれました。ストーンエッジは交代読みでアローやマンダ、ギャラなどに刺していきます。もう少し耐久に振った方が使いやすいかもしれません。

 

f:id:russo_blaziken:20150915200448g:plain

サザンドラ@拘り眼鏡

性格 控えめ

特性 浮遊

実数値 169(12)-×-111(4)-194(252)-112(12)-147(228)

技構成 流星群/悪の波動/大文字/ラスターカノン

 メガバシャーモを止めにくるクレセやスイクン、ヤドランに強く、一貫性の高い技で相手のサイクルを崩します。流行りの対面構築は眼鏡流星群を受けることができないので、とても使いやすかったです。有利対面を取れた時は、交代先に技を当てるのを意識しました。素のガルーラやメガヘラクロスの後出しを眼鏡流星群で倒すのはやみつきになります。最近は拘らないサザンが流行っていますが、この火力を手放すことは出来ませんでした。

 

f:id:russo_blaziken:20150915201701g:plain

マリルリ@ラムの実

性格 意地っ張り

特性 力持ち

実数値 187(92)-112(252)-121(164)-×-100-70

技構成 滝登り/じゃれつく/アクアジェット/滅びの歌

 B方面に厚く振ったマリルリで、意地メガマンダの捨て身タックルを確定耐えします。自分で配分を考えたので、もっと効率のいい振り方があるかもしれません。この構築で辛いバシャーモに対抗できる駒として採用しました。ラムの実を持たせているのでカバルカカイリューを崩壊させたり、ゴツメアローやメガヤミラミを倒せたりできます。滅びの歌はオニゴーリやピクシーの対策、ラストの詰めとしてバシャの守ると合わせて使っていました。ほとんど読まれることがなく、とても便利な技でした。

 

f:id:russo_blaziken:20150915202829g:plain

霊獣ランドロス@突撃チョッキ

性格 意地っ張り

特性 威嚇

実数値 195(244)-187(48)-110-×-119(148)-120(68) ※非理想個体

技構成 地震/岩石封じ/蜻蛉返り/地割れ

 この構築にほぼ間違いなくでてくる化身ボルトロスを相手してもらう枠。クッションとしての役割も大きく、このポケモンのHP管理はとてもシビアでした。もう少しB方面に厚い方が使いやすいと思います。スカーフに見せかけた動きが出来ればベストです。地割れはピクシーと受けループに打ちます。それ以外はどうしようもなくなった時の最終手段です。

 

f:id:russo_blaziken:20150915210515g:plain

ナットレイゴツゴツメット

性格 呑気

特性 鉄の棘

実数値 181(252)-120(44)-195(212)-×-136-22

技構成 ジャイロボール/ステルスロック/宿り木の種/電磁波

 この構築のゴツメ枠であり、過労死枠。Aは無振りガブをジャイロで高乱2です。相手のとんボル展開に対して早い段階でステロを撒いてこちらに有利に持っていきます。アタッカー2枚がマリルリに対して弱いので、このポケモンの選出機会は多かったです。電磁波は後出ししてくる炎に対して入れて全抜きを阻止します。メガガルの炎のパンチを耐えた時は感動しました。

 

f:id:russo_blaziken:20150915211955g:plain

ウォッシュロトム@拘りスカーフ

性格 控えめ

特性 浮遊

実数値 143(140)-×-127-157(140)-128(4)-134(220)

技構成 ボルトチェンジ/ハイドロポンプ/めざめるパワー氷/鬼火

 補完で仕方なく入ってきた低種族値ポケモン。元々この枠は穏やか草結びボルトでマンダ軸と相手の化身ボルトを相手してもらっていましたが、アローやマリルリに積まれた瞬間にゲームが終わるため、このポケモンが生まれました。鬼火の枠は当初10万ボルトでしたが、ガブリアスを始め、ランドやマンムーすら拘り読みでボルチェンに後出しされるのが嫌で鬼火になりました。スイクンのミラコに合わせることもできて、思ったほど悪い使用感ではありませんでした。めざ氷は終盤まで取っておかないと、起点になるので注意してください。相変わらず外しや数値の足りなさが目立ちましたが、2100チャレンジを決めてくれたことには感謝しています。

 

【補足】

 1番多かった選出はランドナットバシャーモで2匹で削って最後にバシャで抜いていくことが多かったです。クレセ入りにはサザンを、マンダ軸にはミトムを、バシャ軸やカバルカ、オニゴーリ入りにはマリルリを選出しどのポケモンも活躍してくれました。タイトルにもある通りこの構築には命中不安技が多く、一回の外しでゲームが終わることもありその度に僕のメンタルが砕かれました。重いポケモンは剣舞ガブ、腹太鼓マリルリ、サンダー、メガフシギバナです。この構築は積み技や毒などの崩しの手段がないので耐久ポケモンの処理が厳しかったです。その辺りが今後の改善点です。

 

 質問や指摘、アドバイス等あれば@までお願いします。今期は早い段階で2000を達成できたからか、強者やフォロワーの方と対戦出来て楽しかったです。今後も記事にできるような結果を出せるよう頑張ります。シーズン12はポケダンやりたいのでしばらく様子見します。過去作解禁で環境がどう変わるのか楽しみですね。それでは今回はここで失礼します。ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 

f:id:russo_blaziken:20150915221943j:plain